最新情報

白く透き通る肌。

見てるだけでもうっとりしますが、シミができたとき、またはくすんでしまった時白い肌ではなくなっています。透き通るような感じもありません。

美顔器をつかうことで美白が目指せるのでしょうか?

美白の決め手は肌再生を整えること

美白を目指したいのなら美白用化粧品をつかうのもいいですが、早くそうなりたいのであれば肌再生を整えてあげる事です。

方法にはいくつかありますが、効果的に行うのなら美白成分が入った化粧品を用い、美顔器を一緒に使うことです。
肌再生が整うと、肌細胞の動きが活発になり、新しく作られる皮膚が上へ押し出されてきますので、蓄積してしまったメラニンも早く表に出てきます。角質層の上に来た時には古いものとして剥がれ落ちる仕組みとなっているのです。

手で行うマッサージよりも効果は早い

手でどれだけマッサージを行なっても、超音波のような動きさせることは不可能です。ましてや、エステナードソニックに備わっているようなイオンを出すことはできません。

超音波によってマッサージし、イオンの力で美白成分を肌に浸透しやすくします。手でできることには限りがありますし、頻繁に行うこと、力がはいることで肌に余計な負担をかけることもあります。

美顔器によって美白としっとりが

肌再生の周期が整えば、日焼け対策をすることで美肌を持続させることが可能です。

また、肌トラブルの原因となる乾燥対策をすることも可能です。

肌をいくら白くしてもカサカサになるとその部分に影のようなものが出てきます。カサついていますので陶器のような滑らかさは感じられないのです。

美顔器(リファ 口コミ参照)でつかう化粧品には保湿成分もしっかりと入っています。白さをつややかにするためには、専用のジェルを使ったほうが良いでしょう。

30代で美魔女と言われるには?

30代で、話題の美魔女になるには、どうしたら
いいのでしょうか。

30代という年代は、肌の下り坂といわれているほど、
スキンケア化粧品を意識せざるを得ない年代ですよね。

多少高額な化粧品であったとして、しっかりと
美白効果がでるものならば、しめたものですよね。

毎日の肌のお手入れで、誰もが認める美肌になるために、
どんなお手入れをするべきか、考えていきましょう。

 

保湿と美白ケアは、無添加の美容成分を!

まず、肌が乾燥して、シミやくすみなどの肌の老化を
予防するためにも、朝の洗顔後は、しっかりと保湿と
美白ケアを行ないましょう。

アンプルールの口コミで書いてあるとおり、
洗顔や保湿、美白ケアで大切なのは、肌に
優しい美容成分を選ぶことです。

美白効果があっても、刺激があるものや、副作用が
あるものは、気を付けましょう。

そのためには、無添加・無着色・無香料のものを
おすすめ致します。

朝と夜は必ず保湿と美白ケアを行ないましょう!

美白化粧品としておすすめな美容成分とは、
ハイドロキノンと、アルブチン、ビタミンC
誘導体が配合されている美白化粧品です。

美白は、朝の洗顔と保湿の後、化粧の
下地として、塗ると良いでしょう。

また、夜の美白も寝る前には保湿ケアを
必ず行なうようにして下さい。

特に、肌への浸透率が高い入浴後は、
毛穴が綺麗になり、汚れもおちて、とても

清潔な状態ですが、肌は乾燥していますので、
保湿ケアと美白ケアを必ずして下さいね。

ほうれい線を改善するために、美顔器を使っている人が良くいます。
ほうれい線にはコラーゲンが良いと言われていますが、真皮にまで到達しないと意味がないので、イオン導入をして肌の奥まで美容成分を届けます。
今は美顔器の価格が非常に安くなり、2.3万円もあればそこそこ人気のイオン導入器が買えます。
ほうれい線のような深いシワは、やはり手でパッティングをしているくらいでは、簡単には改善しません。
よほど化粧水の品質が良く、浸透力が良いものを使うか、イオン導入で成分を奥まで届けるかのどちらかだと思います。
浸透力の良いコスメっていうのは、実はすごく少なくて、国内コスメの中では、一番有名なのがSK-2です。
肌への浸透力が非常に優秀で、美容業界で働く人の中でも、有名な優秀コスメです。
通販ではビーグレンが、浸透技術では定評があり、芸能人にも愛用者が多いですよね。
実際に試してみないと、浸透力って言うのは、なかなかわかりません。
でも、SK-2の場合は、トライアルからしても価格が高いので、試すにも勇気が要るっていう人が多いと思います。
ビーグレンくらいリーズナブルな方が、やっぱり初めて使う人には有難いですよね。
浸透力を確かめるだけなら、カウンターで無料のサンプルを1回分貰ってくるのも良いと思います。
化粧水は1回使っただけで、大体浸透力ってわかりますので、サンプルを1回もらった方がトライアルを試すよりも、SK-2の場合はお得かもしれませんね。
その他、ほうれい線の解消サイトを参考に載せておきます。
32歳で口元のほうれい線が気になるけどなくす化粧品はある?はコチラ

みなさん、エイジングケアに効果的だと言われる、「氷水洗顔」をご存知ですか?
クリニックなどでも使われている美容レーザーと、同じ理論の洗顔方法で、とっても簡単なので、シミやシワなどの加齢によるお肌のトラブルが目立ってきた、そろそろ本格的にエイジングケアを考えている、といった方たちにオススメですよ。

氷水洗顔は温冷洗顔法という洗顔方で、お肌のターンオーバーを促す作用があります。
新陳代謝も活発になり、老廃物を溜め込まないお肌、血色が良く健康的なお肌、化粧水や美容液の吸収率の高いお肌を作ってくれます。

そしてお肌のターンオーバーを促すので、さまざまな肌トラブルの改善に繋がります。
シミやシワはもちろん、たるみ、くすみ、毛穴の広がりにも効果的なのだそう。

そんな氷水洗顔の方法ですが、メイクオフした状態のお肌にクリームを薄く塗り保護膜を作ったら、温めた大判のタオルで顔から首にかけてをしっかりと覆います。
その後、洗面器に作った氷水に、5秒以上お顔をつけて終了。
あとはいつも通りの保湿をするだけ、と信じられないほど簡単ですが、効果は抜群です。

洗顔方法や、食事方法といったことの見直し以外にも、基礎化粧品を含むお化粧品を自分の年齢に合わせて買い替える、というのもエイジングケアの方法として効果的。
数十種類以上の化粧品を使って比較を行っている私のサイトを、化粧品選びや、購入時の参考として、是非、ご覧になってみてくださいね。
うわさのアンプルールは高いのでやめておきましょう。

「甘いものを食べるとニキビが出来る」というのは、ちょっとした都市伝説かもしれません。
しかし中には、どんなに甘いものを食べてもニキビなんて出ない…という人もいます。
↓参考記事
大人ニキビにおすすめはこちら

では、どうして甘いもの=ニキビが出来るという概念が生まれてしまったのでしょう。

また、そもそもこの2つは関係しているのでしょうか。

考えられる2つの原因

まず結果から言うと、甘いものを食べたからと言って必ずしもニキビが出来るというわけではありません。

しかし、直接的な関係は無いかもしれませんが間接的な関係はあります。

まず1つ目はビタミンB群が不足してしまうことです。甘いものを食べると体内にあるビタミンB群は活発になります。

その為、ビタミンB群はたくさん使われ出来るまでに時間が掛かってしまうのです。

ビタミンB群が不足すると新陳代謝が悪くなったり、ニキビの原因でもある皮脂バランスが崩れてしまいます

そして2つ目は、皮脂分泌が促進されることです。

皮脂の分泌量が増えると、ニキビが出来やすくなります。

糖分を摂りすぎることは、決して良いことではないのでおススメは出来ません。

チョコレートはむしろ食べるべき!?

しかし、ビタミンB群が足りていたり、皮脂バランスが正常である場合もニキビは出来るものです。

なので甘いものを食べたからと言って一概にニキビが出来るとは言えません。

またチョコレートのポリフェノールには抗酸化作用があるので、全く食べないかよりは1日3粒を目安に食べたほうが良いとも言われているくらいです。

毛穴の黒ずみなら角栓を取ってしまえばOK!

そう思っていませんか?

それを繰り返していると毛穴は広がってしまいますし、爪などで押し出すことによってその部分の皮膚が傷んでしまいます。

黒くなった毛穴と開きはそのような悪循環を繰り返すのもひとつの原因となるのです。
この辺は、ツインエレナイザーPROの悪い口コミ・良い口コミを徹底検証!にて詳しく書いています。

黒い角栓は取り出せばいいのでは?

確かに、毛穴の中に詰まってしまった皮脂と汚れによる黒ずみ、いわゆる角栓を押し出して取ることによって一時的に毛穴はスッキリします。黒いものがとれたのですから。

でも無理やり出した毛穴には再び皮脂と汚れが詰まってしまいます。

毛穴を引き締めれば良い?

そうなのです。

無理に押し出すことで皮膚にも負担がありますし、爪で押すことによって肌トラブルにつながることもあります。なによりも、毛穴が大きくなることで却って目立つようになるのです。

それを解消するにはシートなどを使って出すのではなく、毛穴を引き締めるケアをしなければなりません。たるんでいる肌を引き締める。そのような感じです。

美顔器なら毛穴は引き締まっていく?

イオン導入美顔器にはイオンクレンジングが可能なタイプもあります。いわゆるイオン導出という機能なのですが、プラスイオンの力によって普通のクレンジングや洗顔では落としきれていない汚れを吸着してくれます。力の加わらないディープクレンジングが可能なのです。
また、美顔器を使う目的自体が「肌を元気にする」というものですので、弾力が失われた肌もハリが蘇ってきます。それによって開いてしまった毛穴も引き締まってきますので、くろずみの悩みも解消されて来るのです。

まずはディープクレンジングで肌をキレイにし、美肌のための美容成分を美顔器によって浸透させる。このような使い方で毛穴の悩みを改善をされてください。

男性こそ、シミのケアをするべきです!

男性は、女性のようにシミのケアをする機会が
なければ、日焼け止めクリームを塗ることって

なかなか無いですよね。だから、シミができやすい
のだと思われます。

でも、男性だからこそ、シミのケアを本当は、
した方が良いのです。

そもそも、シミができる大半の原因は、紫外線
から大量に生成されたメラニン色素による
ものなのです。

 

シミを効果的に消すハイドロキノン

男性の場合、外に出る機会や、人と接する機会が
多いだけに、シミがあるのとないのとでは、

人に与える印象も違ってくるのではないかと
思われます。

最近では、男性専用のシミケア化粧品が
売られていますが、今一番おすすめの

美白化粧品は、ハイドロキノンが配合された
美白化粧品なのです。

シミがない方が、好印象を受けます!

今では、20代の男性でも、スキンケアを
する人が増えてきました。

シミのない綺麗な肌の方が、男性でも好印象
ですし、女性からも好かれます。

どのような美白化粧品を買えば良いのかと、
躊躇されている方は、私が実際にビーグレンの購入をしたりして、レビューに掲載された化粧品を是非一度ご覧になってみて下さいね。

肌のざらつきが気になるという女性は多いようですね。
手で触れると小鼻やあご、額などがざらつくというのです。
そんなざらつきの原因は毛穴詰まり、毛穴開き、乾燥などです。

毛穴詰まりや毛穴の開きの場合は皮脂量の多いTゾーンに起こることが多いですね。
毛穴の中で皮脂や古い角質が角栓をつくり、ぶつぶつと見えて肌のざらつきとして感じられるのが毛穴詰まりです。

皮脂と水分のバランスが崩れターンオーバーが遅れることで皮膚が硬くなると毛穴開きが起こります。
このようなTゾーンの肌のざらつきには角質ケアが有効なようです。

角質ケアで一番積極的なケアはピーリング。
酸などで角質を溶かして取り除くことで新しい皮膚の再生を促すケアです。
また酵素洗顔は酵素の持つタンパク質分解酵素で古い角質を取り除きます。

ただこうした角質ケアを度々行うと皮膚が薄くなり、またターンオーバーが早まることで未熟な細胞のままの角質となり、保湿力のない肌になってしまうこともあるので要注意ですよ。
ふき取り化粧水なら余分な角質だけを取り除き、化粧水の効果もあるので使いやすいです。

肌のざらつきがあると角質ケアをして取り除くケアに傾いてしまうことが多いかもしれませんが、そのざらつきの原因は乾燥かもしれません。
角質に働きかけるケアをしているうちに皮膚が薄くなり、表皮の角質がめくれた状態になっている場合もあるんです。

肌のきめが粗くなっていたり、頬の毛穴が目立つと感じたりする人はこのパターンだと思われますよ。
この場合はクレンジングや洗顔料を肌に優しいものに変え、保湿のケアを強化してください。

セラミドなどの保湿成分を配合した美容液やクリームでしっかり保湿することで肌のキメが整い、肌のざらつきも解消しますよ。
このサイトでは肌のざらつきを解消する化粧品を十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

最近のスキンケアの中ですっかり市民権を得たのがシートマスクのパックですね。
顔をすっぽり覆えるシートに美容成分がたっぷりと染み込ませてあるものです。
すでに使っている人も多いと思いますが、使い方がよくわからないという人も結構いるみたいですね。

まず、シートマスクを使うタイミングですが、これは美容液としての位置づけになるので洗顔後、化粧水で肌を整えてから使ってください。
使った後には乳液などで油分を与えることも大切です。

朝使うと化粧のりが良くなりますが、おすすめとしては入浴後です。
入浴後は肌も温まっているので毛穴も開き角質も柔らかくなっていて浸透がいいですし、入浴後の乾燥しやすい肌にたっぷり保湿できるのでぴったりです。

使う頻度としては週に1~2度ですが、肌が弱っているな、と感じたときには1週間くらい続けて毎日使っても大丈夫です。
でもできれば弱ってから使うよりも定期的にスキンケアに取り入れて肌の調子を維持していくための使い方がいいと思いますよ。

ただ気をつけなければいけないのは時間を守ることです。
たいていが10~15分程度となっていると思いますが、それ以上肌にのせていても今度は逆に肌からマスクのほうへもどって行ってしまうんです。
ついうっかり眠り込んでマスクが乾いてしまっていたら肌はもっと乾燥してしまいます。

また乾燥しやすい目元や口元はマスクで覆われていないので、ますます乾燥してしまいますよね。
そんな場合は目元や口元だけは先にアイクリームやオイルを塗っておくといいですよ。

保湿成分だけでなく、いろいろな美容効果で種類豊富なシートマスクですが、このサイトでは十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

スキンケアの基本は化粧水と乳液だと思いますが、化粧品のラインにはその他にも美容液だとかクリームだとかいろいろありますね。
化粧品をラインで使う意味ってあるんでしょうか?

最近よく聞くのは化粧水は90%が水分だから、保湿成分は美容液からでないと得られないという情報です。
それだったら化粧水は必要ないんでしょうか?

結論からいうと必要です。
化粧水は使用説明書にも「お肌を整え・・・」という記載があると思いますが、角質への水分補給とともに肌を柔らかくして後に使うものの浸透をよくする、という働きがあるんです。

ただそれだけだと確かに水分が蒸発して出ていってしまうので、与えた水分を閉じ込めるために乳液などの油分が必要になるわけです。
お肌になんのトラブルもない若くて健康な肌の人でしたら確かにこれだけでも大丈夫でしょう。

けれど加齢や紫外線の影響で肌の角質層の保水能力は年々落ちていきます。
そうするとしみやしわなどの肌年齢を上げる肌トラブルが発生してくるわけですよね。
これを防ぐためには角質層を構成する保湿成分を補ってあげる必要が出てきます。

化粧水にも保湿成分は含まれていますが、それはわずかで、保湿成分を補うというよりは水分を浸透させるために含まれているものだと思うんです。
美容液は保湿成分のみを凝縮させたものです。
やはり順番に使う事によって与えた潤いを保つことができるんですね。

そして最後にはやはり乳液などの油分で蓋をするというのがエイジング世代の化粧品のライン使いになります。
このサイトではエイジング世代にいい化粧品を十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてラインで揃えてみてはいかがでしょうか。