正しい洗顔方法

顔についた汚れや皮脂をクレンジングと洗顔料で念入りに、隅々まで手や指を使って洗い流すのが正しい洗顔方法だと思っていませんか?
残念ながらそのやり方では肌が弱って、敏感肌やオイリー肌などの肌トラブルの多い肌になってしまいます。

ニキビや毛穴の開き、テカリなどを感じている人は皮脂を取り除こうと念入りな洗顔をする人が多いようですが、皮脂とは本来肌の水分を保持し刺激から守るバリアの働きをしているんです。

そのため皮脂を取りすぎてしまうと肌は潤いを取り戻そうとして過剰に皮脂を分泌し、水分とのバランスを崩してしまうそうです。
また肌を直接ごしごしこすることも肌に刺激となりくすみやしわなどの原因になることも。
肌をきれいにするつもりが傷めてしまっているなんてショックですよね。

正しい洗顔方法をすると肌は本来の働きが整い、トラブルのない健康な肌となりますよ。
肌には自浄作用があるので汗やほこりはぬるま湯だけで十分に落ちます。
ニキビに悩んでいる人でなければ洗顔料を使うのは夜だけで十分です。

メイクをしている人は先にクレンジングをしますが、クレンジングをしながらマッサージをしてはいけません。
かえってメイクの汚れを毛穴に押し込んでしまいますよ。
クレンジングはメイクを浮かせる目的で使いましょうね。

洗顔料は良く泡立てます。
泡立てネットを使うと簡単ですが、目安は卵一個くらいの大きさで、手のひらを逆さにしても泡が落ちないくらいの弾力が出るまでたっぷり泡立てます。

そして手と顔の間に泡をクッションのように挟み泡を転がすようにして洗ってくださいね。
あまり時間をかけるのはNGです。
すすぎはぬるま湯で、生え際などに泡が残らないように丁寧にしっかり洗い流しましょう。

このサイトでは肌に力を与える洗顔料を十種類以上比較して紹介しています。
正しい洗顔方法で肌を健やかに保ちたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加