肌のざらつきの対策法

肌のざらつきが気になるという女性は多いようですね。
手で触れると小鼻やあご、額などがざらつくというのです。
そんなざらつきの原因は毛穴詰まり、毛穴開き、乾燥などです。

毛穴詰まりや毛穴の開きの場合は皮脂量の多いTゾーンに起こることが多いですね。
毛穴の中で皮脂や古い角質が角栓をつくり、ぶつぶつと見えて肌のざらつきとして感じられるのが毛穴詰まりです。

皮脂と水分のバランスが崩れターンオーバーが遅れることで皮膚が硬くなると毛穴開きが起こります。
このようなTゾーンの肌のざらつきには角質ケアが有効なようです。

角質ケアで一番積極的なケアはピーリング。
酸などで角質を溶かして取り除くことで新しい皮膚の再生を促すケアです。
また酵素洗顔は酵素の持つタンパク質分解酵素で古い角質を取り除きます。

ただこうした角質ケアを度々行うと皮膚が薄くなり、またターンオーバーが早まることで未熟な細胞のままの角質となり、保湿力のない肌になってしまうこともあるので要注意ですよ。
ふき取り化粧水なら余分な角質だけを取り除き、化粧水の効果もあるので使いやすいです。

肌のざらつきがあると角質ケアをして取り除くケアに傾いてしまうことが多いかもしれませんが、そのざらつきの原因は乾燥かもしれません。
角質に働きかけるケアをしているうちに皮膚が薄くなり、表皮の角質がめくれた状態になっている場合もあるんです。

肌のきめが粗くなっていたり、頬の毛穴が目立つと感じたりする人はこのパターンだと思われますよ。
この場合はクレンジングや洗顔料を肌に優しいものに変え、保湿のケアを強化してください。

セラミドなどの保湿成分を配合した美容液やクリームでしっかり保湿することで肌のキメが整い、肌のざらつきも解消しますよ。
このサイトでは肌のざらつきを解消する化粧品を十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加