肌のキメを整えるスキンケア

よく肌のきれいな人を「キメが細かく整った」と表現しますよね。
ではそれはどういう肌のことでしょうか?
見た目にもつるりとなめらかで、毛穴の見えない肌のことじゃないでしょうか。

手の甲などを見るとわかるように肌には縦横に溝が走っていますよね。
この溝に囲まれて少し盛り上がった三角の部分を皮丘といいます。
これが一定の形で揃っている状態がキメが整った肌なのです。

このような肌は水分や皮脂のバランスも調度よく、肌のハリや弾力を生み出すセラミドやケラチンも十分な、健康な肌です。
健康な肌だからきれいな肌なんですね。

一方キメが粗くなってくるとこの三角形がはっきり見えなくなり、皮丘がしぼみ、そのうちに溝が一定の方向に走り出すとちりめんジワになったりします。
そして毛穴も目立つようになってきます。
肌荒れやくすみなど肌トラブルが多くなってきます。

そうなってしまう原因は何でしょうか?
まず、乾燥肌やオイリー肌など肌の皮脂と水分のバランスが崩れていることが考えられます。
ではどうして崩れてしまうかというと、普段のスキンケアに問題がある場合が多いです。

肌のキメはひとつひとつの細胞の集まりです。
これが未熟な状態だと十分な保水能力が得られず、バランスを崩してしまうのです。
潤いが足りない肌は刺激にも弱く、肌はなんとかしようとターンオーバーを早めてしまい、未熟なまま表皮にあがってきます。

ターンオーバーのバランスが崩れると古くなった角質も落ち切らずに滞留し、細胞がどんどん乱れてしまうんです。
成熟した細胞を育てるためには肌の角質を取りすぎるような洗顔方法を改め、しっかり保湿し、肌が潤っているという情報を届けてあげることです。

そうしてターンオーバーのリズムが整うと肌のキメも整ってきますよ。
このサイトではそんな肌を目指すための化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加