シミのスキンケア【メカニズムを知っておかないとできない】

気が付いたらできていた。 いつのまにか目立つようになってきた。

そんな出来てしまったシミはもう消すことはできないんでしょうか?

そもそもシミはどうしてできるのか知っていますか?

 

それはメラニン色素が沈着してしまったものなんです。

本来メラニン色素は肌を紫外線から守る仕組みとして存在していて、

決して悪者として退治するようなものではないんです。

 

紫外線が肌に当たると、有害な紫外線を肌の内部に入れないために

メラノサイトがメラニン色素を作り出すんです。

 

もしメラニン色素が作られないと有害な紫外線で

肌の細胞が破壊されてしまい、癌になることもあるというのですから怖いですね。

 

メラニン色素は黒色なので、肌は小麦色の日焼けした肌になります。

そして肌のターンオーバーの働きで表皮に留まることなく排出される

というのが本来の働きなのですが。

 

若いころは新陳代謝の働きがいいので、

日焼けしても順調にメラニン色素が排出されてシミが

残るようなことはあまりありませんでしたよね。

 

ところが年齢と共にだんだん新陳代謝が悪くなってくると

メラニン色素が排出されずに表皮の中に残ってしまい、

いわゆるシミとして存在してしまうんです。

 

しかも年齢とともに活性酸素を除去する

抗酸化の働きも衰えてきているので、

メラノサイトが活性化してメラニンを作り続けてしまう

という状態になってしまいます。

 

こうなってしまったらやっぱりきちんとしたスキンケアで

なんとかしていかなければいけないですね。

 

シミを薄くするためには肌が正常なターンオーバーを

行えるように整えてあげることと、

メラノサイトの活性化を抑えるような美白ケアが大切です。

 

このサイトではそのために有効な化粧品を十種類以上比較して紹介しています。

みてくださいね。

美白は1日にしてならずですので、最低3か月は続けることがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加