日焼け止めの上手な塗り方

紫外線が美容や健康に有害であることは今や常識になりました。
でもなんとなく日焼け止めを塗っているだけになっていませんか?
SPF値も高いほうかいいのだろうと漠然と選んでいませんか?
UVケアを目指すなら、日焼け止めのこともちゃんと知っておいたほうがいいですよ。

日焼け止めはSPF値とPA値で表示されていますね。
SPFは日焼けやしみの原因となるUV-Bの防御率を表したもので、その効果はSPF1で20分です。
ですからSPF30なら20×30で約10時間の効果があります。

PAはしわやたるみの原因となるUV-Aの防御率を表したもので「+」から「++++」の4段階があります。
こうしてみると数値が高いほうが効果が高いように思いますが、紫外線の遮断率にはさほどの違いはないんですよ。

深く考えずにSPF50を選んでいる人も多いですよね。
けれど数値が高いものは紫外線吸収剤を配合していて、肌の上で化学反応を起こさせる方法のものが多く、肌への負担が大きいものが多いです。
日常生活だったらSPF30以下のもので十分ですよ。

塗り方の注意としてはまず外出の30分前にはつけること。
なぜなら肌に馴染んでいないと効果的に働かないからです。
紫外線は朝でも室内でも入ってくるのでゴミ出しや洗濯もの干しでも油断せず、朝のスキンケア後にはすぐに使うようにしましょうね。

日焼け止めは薄く伸ばしてしまうと十分な効果が得られません。
伸ばさずのせていくように、頬骨や鼻筋などは重ねづけをしてたっぷり塗ります。
その後ファンデーションなどを重ねていきましょう。

またこまめに塗りなおすとよいと言われますが、お化粧していると塗りなおし方がよくわからないという人もいますよね。
やり方としてはまずティッシュなどで軽く押さえて汗や脂をふき取って、ファンデーションの上からくるくると塗ります。

その上からパウダーを重ねれば大丈夫です。
あまり汗をかかないようならUV効果のあるファンデーションを塗りなおすだけでも十分ですよ。

最近は紫外線防止効果だけでなく、様々な機能をもったものも増えましたね。
このサイトでは日焼け止めも十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月9日 コメントは受け付けていません。 シミ・美白