肝斑のスキンケア

30~50歳代の女性に多いと言われる肝斑は、顔の両頬や額などに左右対称に出現するもやもやとした茶色いシミです。
大きく広がった形なので薄いものでも顔色がくすんでみえ、老けた印象に見えるので困った肌トラブルです。

その発生の原因には女性ホルモンが影響していると言われていて、妊娠中や生理前、更年期などに現れたり濃くなったりするようですね。
閉経後には薄くなり、消える人もいるということですが、だからといってそれまで待っていればいいというものではないですよね?

肝斑に悩む年頃は押し寄せる加齢の波に抗いながら少しでも若さを保ちたいと日々感じている頃です。
肝斑の治療にはレーザーが効かないとか、内服薬が必要だとか言う話を耳にしたことがありますが、スキンケアで改善することはできないのでしょうか?

肝斑はホルモンが影響しているため、普通のシミよりも手ごわいことは確かですが、その仕組みはやはりメラノサイトが活性化してメラニンの合成が促進されてしまうこと。
ですから美白ケアが効かないということはありません。

メラニン色素の生成を抑制し排出を促すような美白成分が配合された化粧品を使う事で目立たなくさせる効果は得られるはずですよ。
中でもハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるシミの特効薬で、皮膚科医でも処方されますが、最近では化粧品に配合されているものもあるんです。

ビタミンCもシミの還元作用があるので、外用、服用両方から攻めてみるのもおすすめですよ。
肝斑の治療薬の内服をしている人でも美白化粧品と併用していくことが回復への近道になると思いますね。

このサイトでは十種類以上の化粧品を比較していますので、シミのない肌を目指している方は参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月9日 コメントは受け付けていません。 シミ・美白