鼻の下の青ぐすみの対策法

鼻の下が青くくすんでいるひとは、女性でも結構いますね。
産毛の処理はちゃんとしてあるのにまるでひげが生えているように見えることもあります。
ついファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまい、不自然な厚化粧になっている人もいますよ。

この鼻の下の青ぐすみの原因は色素沈着です。
産毛を気にするあまり、頻繁にカミソリを当てることで肌に刺激を与え、メラニン色素が発生して沈着してしまうんだそうです。

それだけでなく花粉症の人や鼻炎の人は鼻をかむ回数が多く、鼻がムズムズしてつい鼻をこするクセのある人も多いですよね。
そんな刺激もしだいに鼻の下の青ぐすみにつながっていってしまいますよ。

こうした刺激による色素沈着であれば美白のスキンケアをきちんとしていくことでメラニン色素を排出していくことでくすみをなくすことはできますよ。
ただ鼻の下はそれほど新陳代謝の活発な場所ではないので、ターンオーバーを促すためにきちんと保湿する必要があります。

鼻の下は洗顔やその後のスキンケアでも意外と手が届いていないことが多いみたいです。
産毛の処理をしている人は意識してケアしたほうがいいですね。
また産毛処理が原因になっている人はカミソリを当てる回数も減らしたほうがいいですね。
せめて2週間は開けたほうがいいですよ。

化粧品の中には産毛の抑毛効果と黒ずみ防止の両方に働きかけるものもあります。
そういったものでしたら一石二鳥でいいかもしれませんね。
このサイトでは鼻の下の青ぐすみにいい化粧品をいろいろ比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月9日 コメントは受け付けていません。 シミ・美白