おでこのしわを取る方法

おでこのしわがある人はかなり多いと思います。
でもそれが黙っているときでもくっきり刻まれてしまうと、顔の中でも広くて目立つパーツなだけに老けこんだ印象は避けられないですよね。

おでこを上から指でそっと撫でおろしてみて、しわのところがはっきりと段々になっていたら、それは真皮層にまで届いた深いしわ。
そうなってしまうと美容医療の手を借りないと回復は難しいかもしれません。

触った感触はなめらかであればケアすることでしわは目立たなくなり、深いしわへの進行も予防できます。
深いしわも目立たなくなるように改善していく事はできるので、怠らずにケアしていきたいですね。

おでこのしわが出来る原因としては加齢や紫外線の影響で肌の弾力を生み出すコラーゲンが減少し、表情からできたしわが次第に形状記憶されてしまったため。
それに加えておでこやまぶたの筋力が衰えたことや頭皮がたるんでいることもあるんです。

おでこのしわができやすい人は眉毛を上下に動かすクセのある人や目を見開くクセのある人ですが、まぶたの筋力が衰えている人も目を開ける時におでこの筋力を使って開けるようになるので、眉毛が上がりおでこにしわができます。
その上頭皮がたるんでいると波打つようなしわになってしまいます。

こうした人はおでこを手で押さえるなどしておでこの筋肉を使わずに目を開けたり閉じたりできるように、まぶたの筋トレをするといいですよ。
またシャンプーの時などは頭皮をしっかり揉み解して柔らかくしましょう。
特に後頭部を揉み解すとおでこの筋肉も柔らかくなるそうです。

スキンケアではビタミンCやペプチドなど、減少したコラーゲンを補ってくれる有効成分を配合した化粧品が効果的です。
乾燥と紫外線を防止しつつ有効成分が真皮にまで届く浸透性を持った化粧品を使って肌の弾力を取り戻しましょうね。

このサイトでは化粧品を十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加