オールインワン化粧品のメリットデメリット

忙しい女性に人気なのがオールインワン化粧品。
ひとつで化粧水、美容液、乳液、さらには化粧下地の働きのあるものまであり、美容成分もいろいろな機能がひとつの中に含まれているという便利な化粧品です。

スキンケアを化粧水から手順通りに進んでいくと、肌への浸透を待つ時間も含めると少なくても15分は時間がとられます。
ひとつのケアですむのはスキンケアの大幅な時間短縮ですよね。
面倒くさがりやさんや忙しい人には手間いらずの便利品です。

化粧品をラインで揃えるのに比べるとひとつで済むので、金額的にもスペース的にも節約になるのもメリットですよね。
また肌に何度も触らなくていいので肌に刺激を与えることが少なくて済むのも良い点です。

以上のようなところがオールインワン化粧品のメリットであり人気の理由ですよね。
ではそのデメリットはどんな点でしょう?
やはり便利だけれど効果のほうはそこそこという所でしょうか。

そもそも化粧品を化粧水から乳液までのライン使いする理由は化粧品を浸透させて効果を得るのに必要な手順だからなんです。
ですのでオールインワン化粧品の場合、その浸透力は十分ではなくなることは否めないようです。

結局せっかくひとつのケアで済むところを物足りなさから化粧水やクリームなど、スキンケアをつけ足す人が多いようですね。
また複数の化粧品を混ぜ合わせているために含まれる成分などもあり、肌の敏感な人にとっては刺激が強い場合もあるようです。

ただ、オールインワン化粧品はいろいろな商品があり、メインとなる美容効果も商品によって違ってきます。
メリットとデメリット、求める美容効果を合わせて選んでいけば満足の得られる商品はあるでしょう。

このサイトではオールインワン化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加