お尻ニキビの対策法

座っていたらなんかお尻が痛いと思って入浴時に鏡で見てみると大きなニキビ。
それ以外にも赤いぶつぶつに黒ずみ、ざらざらした汚いお尻に驚いた、という人はいませんか。

お尻なんてめったに人に見せるものではありませんが、やはり汚いのはイヤですよね。
そんなに皮脂腺の多い場所ではないはずですが、どうしてニキビやぶつぶつができたりするんでしょうか?

それはお尻の角質が厚くなりやすいためなんですよ。
まずなんといっても座っている時間が長いですから、摩擦や圧力を受けるために角質が厚くなり、黒ずんだりします。

また皮脂量が少なく乾燥しやすい肌は新陳代謝も活発ではなく、古い角質が溜まることで角質が厚くなっていきます。
角質が厚くなると毛穴も詰まりやすくなってしまいますよね。

脂肪が厚いのでニキビが大きくなりやすく、跡も残りやすいんです。
そうなるとニキビが治ったあとも汚いままですね。
そうならないためにしっかりスキンケアしていきましょう。

ニキビは体のどこにできようと、皮脂が毛穴につまることが原因なのは同じです。
皮脂量の少ないこの場合は汗や汚れ、そして何より角質が厚くなっていることが原因だとわかりますね。

対策法としてはまずピーリングで古い角質を取り除くことです。
その時も刺激を与えるようなごしごし洗いをしてはいけません。
なでるようにして使いましょう。

そしてしっかり保湿します。
ボディクリームなどでもいいですが、専用の化粧品もあるので、効果をきちんと得たいなら専用のものを使うといいですね。

このサイトではきれいなお尻にいい化粧品をたくさん比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加