ニキビ跡のスキンケア【間違えると凸凹肌に・・・】

もしかしたらニキビよりも深刻な悩みかもしれないのがニキビ跡ではないでしょうか。

いつまでも残る赤みや茶色く変色してしみになったもの、

最悪なのがクレーターと呼ばれる凸凹肌。

汚い肌が嫌で、ついお化粧で隠そうとしてファンデーションを重ねてしまうのは、

ニキビも治らず悪循環なのはわかっていてもやめられないんですよね。

 

ニキビ跡をきれいに治してつるつるのなめらか肌を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ニキビ跡はケガをした時と同じ傷跡です。

ですからその回復には時間が必要です。

スキンケアで数日のうちにたちまちキレイになるようなものではないので、

なおさらきちんと丁寧にケアしていきたいですね。

 

ニキビの芯や膿がとれた後も、まだ赤みが残っているうちは

炎症が治まっていないのでできるだけそっとしておいたほうがいいですね。

 

ニキビ薬のほうはもうつけなくていいので、

炎症が落ち着くまでは保水しながら様子をみましょう。

 

赤みが落ち着いてきたあとが茶色いしみになってしまうこともよくありますね。

これは炎症後色素沈着といって肌を炎症から守るためにメラニンが生成されておこります。

ここに紫外線が当たるとさらにメラニンが活性化してしみが濃くなってしまいます。

 

そこで炎症が落ち着いたら紫外線を避けるUVケアをしつつ

美白ケアをしていくことになります。

メラニンの活性化を弱めて排出を促すような美白成分とターンオーバーを促して

色素沈着も改善するビタミンC誘導体などが配合されたものがおすすめです。

 

残念ながらクレーターと呼ばれる凸凹肌は普通のスキンケアでは

回復が難しいと言われています。 その場合は病院で相談したほうがいいですね。

 

ニキビ跡は当然ですがニキビができなければできません。

皮脂のバランスを整えたり肌の再生力を高めたりするようなスキンケアを

日ごろから行ってニキビを予防していくことが一番ですね。

 

このサイトではニキビやニキビ跡にいい化粧品を十種類以上比較してみました。

自分に合った化粧品で丁寧なスキンケアを続けていきましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加