吹き出物のスキンケアの方法は知っていますか?

思春期の頃は青春のシンボルと言われたニキビも大人になったら吹き出物だよ、

と言われることはよくありますよね。 ではその違いはなんでしょう?

医学的にはどちらも皮脂の過剰分泌が原因の同じ皮膚の疾患なのですが、

出来る経過が違うんだそうです。

 

ニキビは思春期に伴うホルモンバランスの崩れですが、

吹き出物はストレスや生活習慣など様々な理由があって

皮脂が過剰分泌されてしまうことが原因だとされていますね。

 

そして顔の反射区の違いもあって、発生する場所も違ってきます。

 

ニキビと同じケアではなかなか治らないというのはそうした理由があるからなんですね。

 

吹き出物を治すためには生活習慣を見直すと

共に肌状態にあったスキンケアをすることが大切なんですよ。

 

吹き出物のできやすい人の肌はオイリー肌もしくは乾燥肌の人だということです。

 

オイリー肌の人、というのはなるほどと思いますが

乾燥肌というのはどうして?と思いませんか?

 

でも実は大人の場合は乾燥肌が原因の人のほうが多いということなんです。

 

乾燥肌の人はバリア機能が衰えているために外からの刺激に敏感で、

顔に毛が当たることや化粧品などの刺激でも肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌してしまうんです。

 

角質も厚くなっていることが多いので、皮脂の過剰分泌が毛穴を詰まらせやすいんですね。

 

ですから、洗顔後肌がつっぱるとか化粧のりが悪いなど

乾燥肌のタイプの人は保湿をしっかりして、洗いすぎないスキンケアが大切になります。

 

逆にオイリー肌の人は毛穴が開いていて化粧くずれのしやすい肌の人。

 

このタイプの人は洗顔をしっかりして肌が汚れないように

気をつけ油分を控えめにして皮脂を抑えるスキンケアが大切ですね。

 

肌のタイプによってスキンケア方法も異なってきますので、

たくさんある化粧品の中からもきちんと選びたいですね。

 

このサイトにも十種類以上の化粧品を比較して紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加