乾燥肌のスキンケアで重要なことは?

洗顔後はとにかくすぐに保湿しないと肌がつっぱってしまってつらい。

どうも化粧のりが悪くて小じわが目立ってしまう。

そんな悩みを抱える人はやはり乾燥肌ですよね。

乾燥肌は肌トラブルの諸悪の根源だと言われています。

しわや肌荒れやたるみなど、肌の衰えの症状を次々に引き起こします。

肌トラブルを招く前に、一刻も早くなんとかしたいものですね。

 

そもそも乾燥肌とはどういう状態だか知っていますか?

肌は皮脂と水分がバランスよく混ざり合って作られる皮脂膜というもので守られています。

天然の保湿クリームと言われる皮脂膜は肌を外部の刺激から守り、

水分を逃がさないようにしてくれているんです。

 

また皮脂膜のすぐ下には角質層があり、

セラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子によって肌の水分を保持しています。

これが肌の潤いを保っています。

 

ところが皮脂の分泌が減ってしまったり肌の水分が

不足してしまったりしてバランスが崩れると皮脂膜がきちんと

作られなくなってしまいます。

 

すると水分の蒸発が防げなくなり、乾燥肌になってしまうんです。

 

表皮の一番底には基底層があって、そこで新しい表皮細胞が作られて

約28日かけて徐々に上に上がって最後に垢となって剥がれ落ちる仕組みが

 

『ターンオーバー』

 

ですが、肌が乾燥するとこれが早まってしまい細胞間脂質や天然保湿因子が

未熟な状態のまま送られてしまうことも乾燥が悪化する原因なんだそうです。

 

ですから乾燥肌を治すためには足りなくなった皮脂膜を補うために

きちんと保湿することが大切ですね。

 

保湿がきちんとされると、今の乾燥を抑えるだけでなく

ターンオーバーのリズムを整えて保水力のある健康な肌の再生力にもつながります。

 

このサイトでは保湿効果の高い化粧品を十種類以上比較していますので、

よかったら参考にして、潤ったお肌を目指してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加