夏の乾燥肌対策

汗でべたつく夏の肌は一見乾燥肌とは関係ないような気がしますが、実は肌は乾燥しやすい過酷な環境にさらされています。
紫外線やエアコン、日焼け止めや洗顔など、気が付かないうちに乾燥している肌を、汗でべたついているからと放置してしまってはいけませんよ。

とくに年齢を重ねた肌はただでさえも肌の力が弱っていくのに、夏が終わるころにはガクッと肌が老化してしまうという事態に陥ってしまいます。
夏の乾燥肌対策はどのようにしたらいいのでしょうか。

当然ですが、紫外線量が1年で一番多い夏は日焼け止めなどの紫外線対策は徹底しなければいけないですよね。
紫外線は角質を厚くし、肌を乾燥に導きます。

ですが、日焼け止めをすると逆に肌が乾燥して苦手だという人もいますね。
一般に数値の高い日焼け止めでは紫外線吸収剤が配合されていて、この時に起こる化学反応で肌の乾燥を感じることがあります。
こうした日焼け止めは肌への負担も大きいです。

日常生活であれば日焼け止めはSPF30以下で十分なので、紫外線吸収剤を含まないものを使い、2時間程度で塗りなおすようにするとよいでしょう。
顔の場合はファンデーションを重ねることでも効果が増します。

エアコンや汗をかくたびに顔を洗うようなことも肌の水分を奪い乾燥がすすみます。
冬と同様に保湿に重点を置いたスキンケアが大切ですね。
夏用のスキンケアは保湿力が高くてもべたつかない軽い使用感のものが揃っています。
浸透力の高い美容液などを取り入れて肌の奥まで保湿しましょう。

保湿をしたら潤いを閉じ込めるためにクリームなどの油分も必要です。
ごく薄くてもいいので、気になるところを中心に使うようにしましょうね。
このサイトでは夏用の化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にして乾燥肌対策をしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年3月9日 コメントは受け付けていません。 乾燥・保湿