ひじやひざの黒ずみの対策法

最近は腕や足のムダ毛処理も常識になってきて、つるりとした手足がきれいですよね。
と思っていたらひじやひざが黒ずんでいたらがっかりです。
意外に目立つひじやひざの黒ずみをきれいにするにはどうしたらいいのでしょうか?

ひじやひざが黒ずんでいるのに気が付いたとき、汚れが溜まっていると思ってごしごしこすってはいませんか?
これは残念ながら逆効果です。

ひじやひざの黒ずみは角質が厚く硬くなってしまっていることが原因です。
ひじやひざはもともと角質の厚い個所ですが、日常生活でひじをついたりひざをついたりといった摩擦を受ける機会が多く、角質が発達しやすい場所なのです。
ひじやひざ以外にも正座をよくする人はくるぶしも黒ずみますね。

またひじやひざは皮脂腺もほとんどないため乾燥しやすく、乾燥した肌はくすんで見えることも原因かもしれませんね。
でも若い頃は気にならなかったのに、と思いましたか?
加齢とともに肌のターンオーバーが遅くなるので角質は厚くなりやすいんです。

そんなひじやひざの黒ずみの対策法はまず古くなった角質を取り除くこと。
それもごしごしこするのではなく、お風呂でゆっくりと角質を柔らかくしてから丁寧にやさしく洗うようにします。
週に一度くらいはピーリングやゴマージュでケアをしてもいいですね。

入浴後はクリームなどを塗って保湿します。
肌が柔らかくなると摩擦や刺激があっても角質が厚くなるのを予防してくれるんです。
若い頃のように柔らかく明るいひじやひざを目指したいですよね。

このサイトでは黒ずみのケアに優れた化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加