てかり・べたつきを抑えるスキンケア

お肌のてかり、べたつき、イヤですよね。
すぐに化粧は崩れるし、ニキビもできやすいし、清潔感がない印象だし、どうにかならないのでしょうか?

こんな人の肌タイプはオイリー肌。
皮脂の分泌が多すぎてしまう状態です。
オイリー肌の人が間違いやすいスキンケアが皮脂にばかり注目して皮脂を取り除くケアに偏りがちになってしまうこと。

オイリー肌の原因は実は肌内部の乾燥によるものが大きいんです。
肌が乾燥すると水分の蒸発を防ごうとするために皮脂の分泌が多くなります。
そうして水分と皮脂のバランスを失っていくとてかり、べたつきの気になるオイリー肌になってしまうわけです。

オイリー肌の人はオイルクレンジングや念入りな洗顔で皮脂を完璧に取り除き、化粧水はたっぷりつけるけれど乳液やクリームは使わない。
日中はひんぱんに脂取り紙で余分な皮脂をふき取る。
このようなケアをしている人が多いです。

けれど前述したようにオイリー肌の人は実は乾燥している人が多いので、皮脂の取りすぎはよくないのです。
クレンジングや洗顔は肌に優しいものを使い、ごしごしこするなどの刺激も皮脂を出すので泡洗顔で包むように洗顔しましょう。

肌の汚れは蒸しタオルや入浴などでゆっくりと温めて毛穴を緩めるようにすると自然と排出されるので、こすりとったりする必要はないんですよ。
そして何より大切なのが保湿。

オイリー肌の人はべたつく感触が嫌いな人が多いと思いますので、さっぱりとして毛穴を引き締めるようなテクスチュアでありながら保水力は高いというような化粧水をたっぷり浸透させるといいですね。

その後はやはり蓋をする必要があるので、薄くでいいので乳液などで蓋をしましょう。
ただし化粧品によってはオイルカットしていても潤いを閉じ込めるというような商品もあるようです。

メイクの下地やパウダーで皮脂を抑えるものを使用し、メイク直しの時は脂取り紙ではなくティッシュで抑えるようにします。
皮脂を取りすぎないことが過剰分泌を抑えるコツです。

このサイトではてかりやべたつきを解消する化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加