敏感肌の人のスキンケア

汗をかいたり髪が触れたりといったちょっとした刺激でもすぐに肌がかゆくなったり、化粧品を替えると赤く腫れたりかぶれてしまったり。
そんな敏感肌の人が増えてきているようですね。

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下し外部刺激に敏感に反応して肌荒れや炎症をおこしやすい状態です。
肌のバリア機能が低下する原因は角質層にある天然保湿因子やセラミドが減少してしまったから。

その原因は生まれつきの体質の場合もありますが、加齢や乾燥による影響が大きいのです。
つまり乾燥肌が敏感肌の引き金になっているということですね。
こうした乾燥を引き起こすのが実は間違ったスキンケアにある場合があるんです。

敏感肌の人は洗顔方法に注意が必要です。
特にクレンジングや洗顔に時間をかけている人は肌に必要な皮脂やセラミドまで洗い流してしまっているようです。
肌は排泄機能があるので強くこすらなくても泡と馴染めば十分に汚れは落ちるんですよ。

そしてよく勘違いしているのは化粧水をたくさんつければ保湿が出来ていると思い込んでいる事ですね。
化粧水はほとんどが水でできていて、保湿成分は少量しか含まれていません。
しかも厚さ0.02ミリの角質層にたくさんつけても余分な分は入らないんです。

角質層の役割は外から肌の内部に水分が入らないようにするためのものでもあるので、化粧水のつけっぱなしはかえって肌の水分を蒸発させて乾燥に傾く結果になってしまいます。
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を高濃度で配合した美容液やクリームでのケアが大切なんですよ。

このサイトでは敏感肌の人のための化粧品を十種類以上比較しています。
自分に合った化粧品を選ぶ参考にしてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加