鼻の下が青くくすんでいるひとは、女性でも結構いますね。
産毛の処理はちゃんとしてあるのにまるでひげが生えているように見えることもあります。
ついファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまい、不自然な厚化粧になっている人もいますよ。

この鼻の下の青ぐすみの原因は色素沈着です。
産毛を気にするあまり、頻繁にカミソリを当てることで肌に刺激を与え、メラニン色素が発生して沈着してしまうんだそうです。

それだけでなく花粉症の人や鼻炎の人は鼻をかむ回数が多く、鼻がムズムズしてつい鼻をこするクセのある人も多いですよね。
そんな刺激もしだいに鼻の下の青ぐすみにつながっていってしまいますよ。

こうした刺激による色素沈着であれば美白のスキンケアをきちんとしていくことでメラニン色素を排出していくことでくすみをなくすことはできますよ。
ただ鼻の下はそれほど新陳代謝の活発な場所ではないので、ターンオーバーを促すためにきちんと保湿する必要があります。

鼻の下は洗顔やその後のスキンケアでも意外と手が届いていないことが多いみたいです。
産毛の処理をしている人は意識してケアしたほうがいいですね。
また産毛処理が原因になっている人はカミソリを当てる回数も減らしたほうがいいですね。
せめて2週間は開けたほうがいいですよ。

化粧品の中には産毛の抑毛効果と黒ずみ防止の両方に働きかけるものもあります。
そういったものでしたら一石二鳥でいいかもしれませんね。
このサイトでは鼻の下の青ぐすみにいい化粧品をいろいろ比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ら顔の人は素顔をさらすのが恥ずかしくてメイクが厚くなってしまったり、そのせいでかえって肌状態が悪くなったりと悩んでいる人が多いですよね。
一言で赤ら顔といっても原因によっていくつかのタイプがあります。

まずは皮膚が薄くなっていて毛細血管が透けてみえてしまっているタイプ。
赤面症の人や気温の変化ですぐに顔が赤くなるという人はこのタイプになります。
鼻のまわりや頬は特に毛細血管が多く、毛細血管に大量の血液が流れ込むと顔が赤くなるんです。

もうひとつには皮膚が炎症をおこしているために赤くなっているタイプ。
ニキビ跡が代表的ですが、肌荒れの他に脂漏性皮膚炎などもあります。
特に皮脂の多い小鼻から頬、額などで皮脂が酸化し、それに反応して炎症を起こします。

改善のためのスキンケアとしてはまずは今までのスキンケアを見直してみる必要がありますね。
生まれつき皮膚が薄い場合もありますが、たいていの場合は洗顔やマッサージの摩擦で肌の角質を削ってしまっているんです。

ピーリングなどは中止して弾力のある泡を押し付けるようにして洗う泡洗顔を心がけます。
皮膚が薄くなって敏感肌の状態なので、美白成分のような刺激のある成分が配合されている高機能化粧品ではなく、保湿用のシンプルなものがいいですね。

血管が透けて見えるタイプの赤ら顔の人はビタミンKを配合した化粧品が効果的だと言われているようです。
ビタミンKは血流をスムーズにする働きがあり、血管が広がりにくくなるのでその効果が期待せれているようですね。

炎症による赤ら顔の人はビタミンC誘導体が配合されている化粧品が効果的なようです。
ビタミンC誘導体は抗酸化の働きがあるビタミンCを肌に浸透させる働きがあります。
炎症が治まってからも当分は刺激の少ない化粧品を使うほうがいいですね。

このサイトでは赤ら顔に効果的な化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

色素沈着はニキビ跡や目元、脇の下やひじ・ひざなどに発生しやすいしみや黒ずみなどのこと。
目元の色素沈着はよく落ちなかったアイメイクが染みついた、などと思われることがありますが、それは誤解です。

色素沈着は刺激や摩擦などが原因となってメラニン色素が作られている状態のことなんです。
目元の場合はアイメイクを落とすときやアレルギーなどで強くこすってしまったことが原因でしょうね。

スキンケアをする時に強く擦りこんだり叩き込んだりといったやり方も原因になるので、肌はできるだけ優しくケアし、顔に触れる回数も最低限にするほうがいいですよ。
特に頬骨のあたりにはそうした影響が出やすいみたいです。

色素沈着はよほど強い刺激や長く繰り返された刺激でなければスキンケアしだいで多少時間がかかっても回復できるそうなんです。
ではどのようなスキンケアをしたらいいでしょうか。

それには保湿を心がけ、肌のターンオーバーを促すことが大切です。
健康な皮膚の場合で新しい皮膚に生まれ変わるサイクルは約28日。
ですので回復には最低でも1か月以上かかることは理解しておきましょう。

角質が厚く硬くなっているような場合でしたら、ピーリングやゴマージュなどの角質ケアをしてもいいですね。
古い角質が溜まっているとターンオーバーも遅くなりますし、化粧品の浸透力も悪くなってしまうんです。

そして美白の成分が配合された化粧品を使って溜まったメラニン色素の排出を促します。
ビタミンCやハイドロキノンなどの成分が配合されたものは特に効果的だと言われています。

このサイトでは色素沈着に効果のある化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏が終わるころになると肌のくすみやごわつきが気になるようになりますよね。
これは夏の間に浴びた紫外線やエアコンによる乾燥などのダメージが原因。
このまま乾燥の季節である秋冬を迎えると、肌は一気に衰えてしまいます!

そうなる前にこの季節はいつものスキンケアに角質ケアを取り入れてみることがおすすめです。
肌のターンオーバーのリズムが整い、スキンケアの美容成分も肌にきちんと浸透するようになり、肌の回復を助けてくれますよ。

その方法は毎日の洗顔に取り入れることから始めるといいですね。
まずクレンジングでメイクを落とした後は蒸しタオルを利用するなどして肌を温め毛穴を緩ませます。

それからよく泡立てた洗顔石鹸で泡洗顔をします。
この時にフルーツ酸入りやスクラブ入り、酵素入りなどの石鹸を使ってもいいですね。
すすぎは洗う時間の倍の時間をかけて丁寧に行います。

週に一度はピーリングやゴマージュでの積極的なケアをしましょう。
ピーリングは酸などを配合して角質を溶かして落とす働きがあります。
ゴマージュは植物の種などが入ったクリームなどでマッサージをすることで取り除きます。

どちらも角質を取るという目的は同じなので、自分の肌質や好みで選べばいいと思います。
いつもの洗顔後に水分を拭き取ってから指の腹で優しくくるくるとさするようにして使いましょう。
くれぐれも強くこすったりやりすぎたりはしないようにしましょうね。

あとはぬるま湯で流してから保湿のケアをしっかりします。
角質ケア後は乾燥しやすいのでいつもよりも丁寧に、美容液のフェイスパックなどを利用するものおすすめです。

このサイトでは角質ケアのできる化粧品をたくさん比較して紹介しています。
つるつるたまご肌を目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

紫外線のケアはいつも気にしていたつもりでいたのに、うっかり日焼けしてしまった!ということはありますよね。
特に海に山にと普段とは違うレジャーを楽しむ機会の多い夏は、うっかり強い日差しにさらされてしまったりするものです。

赤く熱をもった日焼け後のスキンケアはどうしたらいいのでしょうか?
つい慌てて美白のケアに走ってしまいそうですが、それはNG。
日焼けした肌はやけどと同じ状態です。
美白の化粧品は刺激が強いので痛みやかゆみを起こす可能性があります。

まずは徹底して冷やしましょう。
顔であれば冷やしたタオルを使い、体であれば冷水のシャワーをあびて火照りを抑えます。
日焼けした肌は乾燥しやすいですがヒリヒリしている肌には余計な成分は避けたいので、化粧水も我慢して、ワセリンや馬油を塗っておくといいでしょう。

ひたすら冷やして、火照りや痛みが落ち着いたら徹底保湿のケアをします。
おすすめは保湿用のフェイスパックです。
保湿と冷却のダブルケアができますよ。

保湿を十分にした後はクリームもたっぷりつけましょう。
とにかく乾燥しやすいですので、水分の蒸発をしないようにしましょう。
美白化粧品の使用はしばらくお休みして低刺激の化粧品での保湿ケアをしっかり行います。

肌が小麦色に落ち着くころになったらいよいよ美白化粧品を使用した美白ケアの開始です。
ビタミンCの配合された化粧品を使ってメラニン色素の沈着によるしみへの対策をしましょう。

このサイトではうっかり日焼けをしてしまった肌をケアする化粧品をたくさん比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

紫外線が美容や健康に有害であることは今や常識になりました。
でもなんとなく日焼け止めを塗っているだけになっていませんか?
SPF値も高いほうかいいのだろうと漠然と選んでいませんか?
UVケアを目指すなら、日焼け止めのこともちゃんと知っておいたほうがいいですよ。

日焼け止めはSPF値とPA値で表示されていますね。
SPFは日焼けやしみの原因となるUV-Bの防御率を表したもので、その効果はSPF1で20分です。
ですからSPF30なら20×30で約10時間の効果があります。

PAはしわやたるみの原因となるUV-Aの防御率を表したもので「+」から「++++」の4段階があります。
こうしてみると数値が高いほうが効果が高いように思いますが、紫外線の遮断率にはさほどの違いはないんですよ。

深く考えずにSPF50を選んでいる人も多いですよね。
けれど数値が高いものは紫外線吸収剤を配合していて、肌の上で化学反応を起こさせる方法のものが多く、肌への負担が大きいものが多いです。
日常生活だったらSPF30以下のもので十分ですよ。

塗り方の注意としてはまず外出の30分前にはつけること。
なぜなら肌に馴染んでいないと効果的に働かないからです。
紫外線は朝でも室内でも入ってくるのでゴミ出しや洗濯もの干しでも油断せず、朝のスキンケア後にはすぐに使うようにしましょうね。

日焼け止めは薄く伸ばしてしまうと十分な効果が得られません。
伸ばさずのせていくように、頬骨や鼻筋などは重ねづけをしてたっぷり塗ります。
その後ファンデーションなどを重ねていきましょう。

またこまめに塗りなおすとよいと言われますが、お化粧していると塗りなおし方がよくわからないという人もいますよね。
やり方としてはまずティッシュなどで軽く押さえて汗や脂をふき取って、ファンデーションの上からくるくると塗ります。

その上からパウダーを重ねれば大丈夫です。
あまり汗をかかないようならUV効果のあるファンデーションを塗りなおすだけでも十分ですよ。

最近は紫外線防止効果だけでなく、様々な機能をもったものも増えましたね。
このサイトでは日焼け止めも十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

30~50歳代の女性に多いと言われる肝斑は、顔の両頬や額などに左右対称に出現するもやもやとした茶色いシミです。
大きく広がった形なので薄いものでも顔色がくすんでみえ、老けた印象に見えるので困った肌トラブルです。

その発生の原因には女性ホルモンが影響していると言われていて、妊娠中や生理前、更年期などに現れたり濃くなったりするようですね。
閉経後には薄くなり、消える人もいるということですが、だからといってそれまで待っていればいいというものではないですよね?

肝斑に悩む年頃は押し寄せる加齢の波に抗いながら少しでも若さを保ちたいと日々感じている頃です。
肝斑の治療にはレーザーが効かないとか、内服薬が必要だとか言う話を耳にしたことがありますが、スキンケアで改善することはできないのでしょうか?

肝斑はホルモンが影響しているため、普通のシミよりも手ごわいことは確かですが、その仕組みはやはりメラノサイトが活性化してメラニンの合成が促進されてしまうこと。
ですから美白ケアが効かないということはありません。

メラニン色素の生成を抑制し排出を促すような美白成分が配合された化粧品を使う事で目立たなくさせる効果は得られるはずですよ。
中でもハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるシミの特効薬で、皮膚科医でも処方されますが、最近では化粧品に配合されているものもあるんです。

ビタミンCもシミの還元作用があるので、外用、服用両方から攻めてみるのもおすすめですよ。
肝斑の治療薬の内服をしている人でも美白化粧品と併用していくことが回復への近道になると思いますね。

このサイトでは十種類以上の化粧品を比較していますので、シミのない肌を目指している方は参考にしてくださいね。

目のくまは疲れて老けた印象に見えてしまいますよね。
エイジング世代は目元の印象で見た目年齢がぐっと変わってきてしまうので、目元はすっきりと明るい印象にしたいものです。

目のくまができる原因というと、まず思いつくのが睡眠不足や疲労ですよね。
でもそれだけではありません。
血行不良や色素沈着、目のたるみなども原因となるんです。
原因によってくまの種類も変わってきます。

青いくまの人は血行不良の血液が透けてみえてしまっているためです。
そもそも目の下の皮膚は顔の他の箇所と比べても特に薄く、卵の薄皮ほどしかありません。
ですから皮膚の下の毛細血管が透けてみえてしまうんですね。

睡眠不足や長時間のパソコンなどの生活習慣を改めると同時に目をギュッとつぶったりまばたきをしたりなど、目の周りの筋肉を動かすのが改善に効果的です。
また目の周りを優しく一周マッサージするなどして血流をよくするのもいいですね。

茶色いくまは目をこするなどの刺激で色素沈着をおこしたシミや紫外線のダメージによるくすみが原因です。
保湿力が高くコラーゲンなどを補ってくれるものに加えて美白成分が配合された化粧品でケアするのがいいですね。

また黒い影のようなくまは目のたるみが原因です。
保湿力が高く、肌の弾力を補ってくれるコラーゲンが配合された化粧品でたるみを回復させ、表情筋を鍛える体操などを加えると改善しますよ。

目元を明るくすっきりとさせるように働きかけてくれる目元専用の化粧品は数多くあります。
このサイトでは十種類以上の化粧品を比較しています。
目のくまに悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

女優さんなどが時々「肌の透明感がすごい」などと評されていることがありますよね。
肌色は生まれつきの部分が大きいですから、色白の人もいれば色黒の人もいます。
美白ケアをすればみんなが色白になれるわけではないですが、くすみのない透明感のある肌というのは肌色に関係なく、スキンケアで手に入れることのできる美肌です。

では透明感のある肌というのはどういう肌のことなのでしょうか。
それは光がきれいに反射する肌のことなんだそうです。
光が肌の表面だけではなく、一度肌に入り肌の奥で反射して戻ってくる、そんな肌が透明感が感じられる肌なんだそうですよ。

ではどうしたら光がきれいに反射する肌になれるのでしょうか。
それは表皮の細胞がきれいに並んだ健康な肌です。
細胞の生まれ変わりを促すターンオーバーが正常に行われる肌はくすみのない健康な肌に整います。

そのためのスキンケアは肌の奥まで美肌のための有効成分がしっかり届くような化粧品を使うといいですね。
古い角質が厚く溜まっているとくすんでみえるだけでなくせっかくの有効成分も浸透しませんので、古い角質を取り除くケアも大切です。

また血行不良も細胞に栄養が届かずくすみの原因となると共に保湿力の未熟な表皮を生み出す要因となってしまいます。
スキンケアに併用して軽い運動やマッサージなどを行うことも肌のターンオーバーを促してくれますよ。

このサイトでは肌の再生に有効な成分を配合した化粧品をたくさん比較してみました。
ぜひ参考にして透明感のある肌を手に入れてくださいね。