「甘いものを食べるとニキビが出来る」というのは、ちょっとした都市伝説かもしれません。
しかし中には、どんなに甘いものを食べてもニキビなんて出ない…という人もいます。
↓参考記事
大人ニキビにおすすめはこちら

では、どうして甘いもの=ニキビが出来るという概念が生まれてしまったのでしょう。

また、そもそもこの2つは関係しているのでしょうか。

考えられる2つの原因

まず結果から言うと、甘いものを食べたからと言って必ずしもニキビが出来るというわけではありません。

しかし、直接的な関係は無いかもしれませんが間接的な関係はあります。

まず1つ目はビタミンB群が不足してしまうことです。甘いものを食べると体内にあるビタミンB群は活発になります。

その為、ビタミンB群はたくさん使われ出来るまでに時間が掛かってしまうのです。

ビタミンB群が不足すると新陳代謝が悪くなったり、ニキビの原因でもある皮脂バランスが崩れてしまいます

そして2つ目は、皮脂分泌が促進されることです。

皮脂の分泌量が増えると、ニキビが出来やすくなります。

糖分を摂りすぎることは、決して良いことではないのでおススメは出来ません。

チョコレートはむしろ食べるべき!?

しかし、ビタミンB群が足りていたり、皮脂バランスが正常である場合もニキビは出来るものです。

なので甘いものを食べたからと言って一概にニキビが出来るとは言えません。

またチョコレートのポリフェノールには抗酸化作用があるので、全く食べないかよりは1日3粒を目安に食べたほうが良いとも言われているくらいです。

座っていたらなんかお尻が痛いと思って入浴時に鏡で見てみると大きなニキビ。
それ以外にも赤いぶつぶつに黒ずみ、ざらざらした汚いお尻に驚いた、という人はいませんか。

お尻なんてめったに人に見せるものではありませんが、やはり汚いのはイヤですよね。
そんなに皮脂腺の多い場所ではないはずですが、どうしてニキビやぶつぶつができたりするんでしょうか?

それはお尻の角質が厚くなりやすいためなんですよ。
まずなんといっても座っている時間が長いですから、摩擦や圧力を受けるために角質が厚くなり、黒ずんだりします。

また皮脂量が少なく乾燥しやすい肌は新陳代謝も活発ではなく、古い角質が溜まることで角質が厚くなっていきます。
角質が厚くなると毛穴も詰まりやすくなってしまいますよね。

脂肪が厚いのでニキビが大きくなりやすく、跡も残りやすいんです。
そうなるとニキビが治ったあとも汚いままですね。
そうならないためにしっかりスキンケアしていきましょう。

ニキビは体のどこにできようと、皮脂が毛穴につまることが原因なのは同じです。
皮脂量の少ないこの場合は汗や汚れ、そして何より角質が厚くなっていることが原因だとわかりますね。

対策法としてはまずピーリングで古い角質を取り除くことです。
その時も刺激を与えるようなごしごし洗いをしてはいけません。
なでるようにして使いましょう。

そしてしっかり保湿します。
ボディクリームなどでもいいですが、専用の化粧品もあるので、効果をきちんと得たいなら専用のものを使うといいですね。

このサイトではきれいなお尻にいい化粧品をたくさん比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

背中ニキビのできる人は意外に多いものです。
なぜなら背中は顔に続いて皮脂腺が多いうえに角質も厚く、ニキビのできやすい場所なんです。
けれど自分では見づらく手も届きにくい事から気が付かないうちに悪化してしまう事も。

背中ニキビはどちらかというと思春期ではなく大人にできやすい傾向があるようですね。
大人のニキビは生活習慣や食生活などが原因となることが多いので、これを機会に自分の生活を見直してみるといいですよ。

また背中はシャンプーのときのすすぎ湯が流れる事もあり、それがきちんと落ちずに肌に残ってしまうこともニキビを引き起こす要因になっているようですね。
入浴の時は最後に丁寧に洗い流すようにしましょう。

背中ニキビは衣服に触れるためもあるのか、強いかゆみを感じることもよくあり、見えないせいでついひっかいてしまい悪化させてしまうことがあるようですね。
そうするとニキビ跡になってしまうこともあるので、気をつけましょう。

背中ニキビが出来てしまったら潰さないように気をつけて洗いますが、手が届きにくいので泡で洗う方法は難しいかもしれませんね。
洗うときにはナイロンのタオルではなく麻や綿の天然素材のもので優しく洗いましょう。

いろいろな成分の入ったボディシャンプーではなく、刺激の少ないできるだけシンプルな石鹸を使い、ぬるめのお湯で洗うと皮脂が流れやすくいいようですよ。
炎症がひどくない時にはピーリング効果のある石鹸を使ってもいいみたいです。

その後はできるだけニキビ専用の化粧品で保湿のケアをします。
ニキビが治ったあとも日ごろから背中も保湿の習慣はつけておいたほうがいいですね、
このサイトでは背中ニキビに効果のある化粧品を十種類以上比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。