これからの季節気になってくるのが体の乾燥ですよね。
体のあちこちがかゆくなってポリポリ掻いてしまったり、腕がカサカサしわしわしたり、足の脛が白く粉を吹いたり。
そんな乾燥肌はスキンケアでしっとりした肌に回復したいものです。

夏の間紫外線にさらされたり汗をかいたりと、ダメージを受け続けた肌は秋冬と空気が乾燥してくると一気に乾燥肌に傾いてしまうことがあるようですね。
体の皮膚は顔に比べて皮脂腺が少なく、本来乾燥しやすい肌なんです。
それなのに顔は一生懸命保湿するけれど体は何もしないという人は結構多いみたいですね。

体の肌はきちんとスキンケアすればエイジングの影響も少なくいつまでも吸い付くようなもっちり肌を維持できるはず。
お手入れを面倒くさがらず、顔と同じようにスキンケアしていきましょうね。

体が乾燥肌になってしまう原因としてはもちろん保湿ケアをしていないせいももちろんですが、タオルでごしごしこすって洗う事、熱いお風呂に入る習慣などによっても引き起こされます。

タオルでごしごし洗うことは角質をはがして皮膚が薄くなるうえ必要な潤いも取り去り、
洗う刺激で色素沈着を起こして黒ずんでしまうこともあるんですよ。
熱いお風呂も皮脂が必要以上に溶けだしてしまいます。

体も顔同様に泡立てた泡でこすらないように優しく洗いましょう。
手洗いがおすすめなのですが、皮脂腺の多い首の後ろや汚れやすい足元などはナイロンでないタオルなどで優しく洗ってもいいでしょう。

40度以下を目安に熱すぎない湯温での入浴後はできるだけ早めに伸びのいいボディクリームなどでケアしましょう。
角質の水分量は入浴後10分をすぎると急激に減少するので、そのへんを目安にしたいですね。

このサイトではボディケアのできる化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

紫外線が美容にも健康にも有害であることが常識になり、日焼け止めでの紫外線ケアも今や常識ですよね。
そんな常識を心得ている人は顔だけでなく、デコルテや腕、足など体にも日常的に日焼け止めを塗っていますよね。

けれどその後、どんな風に落としていますか?
顔はメイクをしていることもありますが、クレンジングと洗顔料で丁寧なダブル洗顔をしている人が多いと思いますが、体のほうはどうでしょうか?

紫外線ケアは数値が高いもののほうが効果的と考えて50SPFのPA++++のものを無造作に塗っておいて、落とすことは特に気にせずソープで洗っているだけ、と言う人は結構多いのではないでしょうか。

ですがよく見ると肌のキメに白く残っていたりしませんか?
数値の高い日焼け止めは肌に負担も大きいものです。
きちんと落とさないまま塗り重ねてしまうと体の肌だって疲れ切ってしまいますよ。

それに乾燥を感じた肌をボディローションやクリームでケアしようとしても肌に浸透しにくいですよね。
日焼け止めは顔だけでなく体もクレンジングを使ってしっかり落としたいですね。

肌に負担が大きいということもあるので、日没後に帰宅したならできるだけ早く落としてあげたほうがいいですよ。
落とし方は使用上の注意に従うようにするといいですね。

商品によっては専用のクレンジングがあるものも多いんです。
クレンジングでしっかり浮き上がらせてからソープで優しく洗いましょう。
クレンジング不要の場合もごしごしこすって洗うのではなく弾力のある泡でやさしく洗い流すようにするといいでしょう。

このサイトでは日焼け止めが落とせる化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

顔のスキンケアはみなさん気を使っていると思いますが首やデコルテはどうでしょうか?
ここは気が付かないうちに年齢の出やすい場所です。
年配の人を見ると首にくっきりしたしわが刻まれ、皮膚がたるんでいませんか?
またデコルテにはしみやニキビができていたりしませんか?

きれいな首やデコルテは女性らしさを印象づける場所です。
いつまでも女子力をキープしたいと思ったら手を抜かずにケアしていきたい場所ですね。
またリンパの通り道でもあるので、ここが滞ると顔の血行が悪くなり、くすみやむくみの原因にもなるんですよ。

首やデコルテのスキンケアも毎日の習慣に取り込まないといけませんね。
ではどのようなスキンケアをしたらいいのでしょうか?
普段のフェイシャルケアのついでに、同じものでスキンケアをするのでも構いませんが、専用の化粧品もいろいろなものがありますよ。

たいていは乾燥を抑えるとともにハリや弾力を与えてくれる化粧品です。
スキンケアの時には同時にリンパマッサージをしましょう。
指に保湿剤を馴染ませて両耳の後ろあたりから鎖骨に向かって、そのまま鎖骨を外から中心にむかってさすりおろします。

これを数回繰り返すと血行がよくなり、しわ、むくみ、くすみなどが改善します。
栄養も肌に届くようになり、顔の肌もいきいきとしてきますよ。
また日中のケアとしては日焼け止めクリームを塗って紫外線ケアをするのも忘れてはいけませんよね。

このサイトでは首やデコルテをきれいに保つ化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

二の腕や太ももに赤くて小さなぶつぶつがたくさんできている人って結構います。
つい気になっていじってしまうとますます赤くなって目立ってしまい、ノースリーブやキャミソールが着れない、と悩んでしまいますよね。

これは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という症状で思春期に見られる角化症だそうです。
男女どちらにも出来るありふれたもので特に健康上の問題もなく30歳すぎると自然に治っていくので、医学上あまり問題はないのです。

でも女性にとっては美容上大いに問題がある、放置できない症状ですよね。
30歳過ぎてから治っても嬉しくないというか・・・
スキンケアの力でなんとかキレイにならないのでしょうか?

二の腕のぶつぶつには遺伝的な要素が関係しているようで、特定のケアで劇的に改善する、というのは難しいようです。
ただしこのぶつぶつの正体は毛穴の中に角質が充満して盛り上がったものなので、角質ケアによって目立たなくさせる効果はあるようです。

まずやってみたいのがピーリングやゴマージュなどの角質除去のケアをすること。
他には入浴後にラップを巻いて寝て、翌朝スポンジなどでこすると落とすことが出来るという方法もあります。

どちらもその後は毛穴をひきしめて十分に保湿をするケアが大切です。
肌の乾燥は角質をますます厚くしてしまいます。
化粧水をつけてから尿素配合など角質を柔らかくするクリームでの保湿がいいみたいです。

デコルテや背中ニキビなどをケアするスキンケアで二の腕のぶつぶつが目立たなくなったという人もいるようなので、試してみてもいいですね。
このサイトでは角質ケアにいい化粧品をたくさん比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

顔はメイクやスキンケアで見た目年齢を若く保っている人でも、手を見たらえっ?というほどシワシワしていることってありますよね。
手は年齢の出やすいパーツなのです。

冬にハンドクリームを塗る人は多いですが、それ以外の季節は意識してケアする人は少ないのではないでしょうか。
けれど素肌で紫外線にさらされ、水やお湯、洗剤にも触れる機会の多い手は老化も加速しやすいんですよね。

最近は大人の女性もジェルネイルなどできれいな指先を楽しむ人が増えましたね。
ハンドケアのほうも冬以外の季節も意識して行って、ネイルの映えるきれいな手を保ちたいですね。

手が荒れてしまう原因は熱いお湯や洗剤の使用で皮脂を失ってしまうこと。
塗れた手をちゃんと拭かないことも手の乾燥を引き起こしていますよ。
食器を洗う時はできればゴム手袋を使用するほうがいいですね。

手の保湿にはハンドクリームが基本のケアですが、ハンドクリームの使い方も工夫すると効果的なハンドケアができるんです。
入浴後は顔のスキンケアのついででいいので、手にも化粧水や美容液を塗って保水します。
その後でできるだけ早めにハンドクリームを塗りましょう。

ハンドクリームは手のひらで包んで温めてから使用すると効果的です。
手の乾燥がひどい人はラップで巻いて5分ほどパックすると浸透力がましてしっとりしますよ。

食器を洗う時にハンドクリームを多めに塗り、布の手袋をしてからゴム手袋をするとながらパックが出来るのでおすすめです。
外出するときには手にも日焼け止めクリームを塗る習慣もつけるようにしたいですね。

このサイトではハンドケアにいい化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

まだまだ暑い季節は続いています。
半そでや短めボトムスからスラリと伸びたむき出しの手足。
日焼け止めやムダ毛の処理もきちんと済ませてきれいなはずが、ひじやひざがごわごわと黒ずんでいたり、サンダルから見えるかかとが白くひび割れたりしていませんか。

そんな詰めの甘いボディをさらしてしまってはがっかりですよね。
ひじやひざ、かかとは角質が溜まりやすい部分です。
きちんとしたケアをして、隅々までつるつるボディを目指したいですね。

すでに硬くなってしまった肌に保湿クリームを塗ってもなかなか浸透していきません。
まずは厚くなった角質を取り除くケアをしましょう。
硬くなった皮膚を入浴などで柔らかくし、それからスクラブ入りのクリームなどでマッサージをするようにしてケアしていきます。

フェイスケアでピーリングやゴマージュを行ったら、ついでに同じものでひじやひざなどのボディもやるというのでもいいですね。
けれど特に角質の厚いかかとはそれだけでは少し物足りないかもしれませんね。

入浴後の肌の柔らかくなったところで専用のやすりや軽石で軽くこすってからスクラブマッサージで整えたり、かかと用のパックを利用したりもいいですね。
くれぐれも削りすぎないようにしてください。
こうしたケアは週に一度くらいが適当です。

肝心なのはこの後の保湿ケアです。
ケアの後は乾燥しやすいので、クリームをよく塗り込んでラップパックをするといいですよ。
クリームは尿素入りのものが角質を柔らかくするのにいいそうです。

日ごろも入浴後にはボディクリームを塗る習慣を続けると、ひじやひざも黒ずまず、かかともピンクの柔らかいままでいられますよ。
このサイトではボディの角質ケアができるアイテムをたくさん比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

最近は腕や足のムダ毛処理も常識になってきて、つるりとした手足がきれいですよね。
と思っていたらひじやひざが黒ずんでいたらがっかりです。
意外に目立つひじやひざの黒ずみをきれいにするにはどうしたらいいのでしょうか?

ひじやひざが黒ずんでいるのに気が付いたとき、汚れが溜まっていると思ってごしごしこすってはいませんか?
これは残念ながら逆効果です。

ひじやひざの黒ずみは角質が厚く硬くなってしまっていることが原因です。
ひじやひざはもともと角質の厚い個所ですが、日常生活でひじをついたりひざをついたりといった摩擦を受ける機会が多く、角質が発達しやすい場所なのです。
ひじやひざ以外にも正座をよくする人はくるぶしも黒ずみますね。

またひじやひざは皮脂腺もほとんどないため乾燥しやすく、乾燥した肌はくすんで見えることも原因かもしれませんね。
でも若い頃は気にならなかったのに、と思いましたか?
加齢とともに肌のターンオーバーが遅くなるので角質は厚くなりやすいんです。

そんなひじやひざの黒ずみの対策法はまず古くなった角質を取り除くこと。
それもごしごしこするのではなく、お風呂でゆっくりと角質を柔らかくしてから丁寧にやさしく洗うようにします。
週に一度くらいはピーリングやゴマージュでケアをしてもいいですね。

入浴後はクリームなどを塗って保湿します。
肌が柔らかくなると摩擦や刺激があっても角質が厚くなるのを予防してくれるんです。
若い頃のように柔らかく明るいひじやひざを目指したいですよね。

このサイトでは黒ずみのケアに優れた化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

夏になると俄然気になりはじめるのがワキの下の悩み。
ムダ毛や臭いももちろんですが、なかなか解決でき
ないのが黒ずみ。
ワキが黒ずんでいるのが気になって、電車のつり革もつかめない、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ワキの黒ずみが発生する原因はムダ毛のセルフケアやお風呂でのごしごし洗い。
ムダ毛をカミソリや毛抜きで繰り返し処理していませんか?
黒ずみや臭いをなくそうとタオルでごしごしこすっていませんか?

肌は紫外線に当たった時だけでなく、物理的な刺激からの防衛反応でもメラニン色素を作り出します。
ワキの皮膚は薄く、刺激には弱い個所です。
繰り返しの刺激でメラニン色素が色素沈着することで黒ずんでしまうんですよ。

ワキの黒ずみが出来てしまったらどうやってケアしていったらいいんでしょうか?
それには美白のケアでアプローチして、肌のターンオーバーを促していくといいですよ。
ですが色素沈着した肌の改善は即効性を期待しないでくださいね。
効果が現れるには最低でも1か月から3か月はみたほうがいいでしょう。

美白のケアは顔と同じように考えて大丈夫です。
汚れは良く泡立てた泡でこすらないようにやさしく洗います。
ワキの黒ずみのある肌は角質が厚くなっている場合が多いので、化粧水などの保湿のケアもします。

化粧水やクリームはワキの黒ずみを改善する効果のあるものがあります。
豆乳を使った化粧水は抑毛効果もあるので一石二鳥ですね。
このサイトではワキの黒ずみに効果のある化粧品を比較して紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね。