お肌のてかり、べたつき、イヤですよね。
すぐに化粧は崩れるし、ニキビもできやすいし、清潔感がない印象だし、どうにかならないのでしょうか?

こんな人の肌タイプはオイリー肌。
皮脂の分泌が多すぎてしまう状態です。
オイリー肌の人が間違いやすいスキンケアが皮脂にばかり注目して皮脂を取り除くケアに偏りがちになってしまうこと。

オイリー肌の原因は実は肌内部の乾燥によるものが大きいんです。
肌が乾燥すると水分の蒸発を防ごうとするために皮脂の分泌が多くなります。
そうして水分と皮脂のバランスを失っていくとてかり、べたつきの気になるオイリー肌になってしまうわけです。

オイリー肌の人はオイルクレンジングや念入りな洗顔で皮脂を完璧に取り除き、化粧水はたっぷりつけるけれど乳液やクリームは使わない。
日中はひんぱんに脂取り紙で余分な皮脂をふき取る。
このようなケアをしている人が多いです。

けれど前述したようにオイリー肌の人は実は乾燥している人が多いので、皮脂の取りすぎはよくないのです。
クレンジングや洗顔は肌に優しいものを使い、ごしごしこするなどの刺激も皮脂を出すので泡洗顔で包むように洗顔しましょう。

肌の汚れは蒸しタオルや入浴などでゆっくりと温めて毛穴を緩めるようにすると自然と排出されるので、こすりとったりする必要はないんですよ。
そして何より大切なのが保湿。

オイリー肌の人はべたつく感触が嫌いな人が多いと思いますので、さっぱりとして毛穴を引き締めるようなテクスチュアでありながら保水力は高いというような化粧水をたっぷり浸透させるといいですね。

その後はやはり蓋をする必要があるので、薄くでいいので乳液などで蓋をしましょう。
ただし化粧品によってはオイルカットしていても潤いを閉じ込めるというような商品もあるようです。

メイクの下地やパウダーで皮脂を抑えるものを使用し、メイク直しの時は脂取り紙ではなくティッシュで抑えるようにします。
皮脂を取りすぎないことが過剰分泌を抑えるコツです。

このサイトではてかりやべたつきを解消する化粧品を十種類以上比較しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

汗をかいたり髪が触れたりといったちょっとした刺激でもすぐに肌がかゆくなったり、化粧品を替えると赤く腫れたりかぶれてしまったり。
そんな敏感肌の人が増えてきているようですね。

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下し外部刺激に敏感に反応して肌荒れや炎症をおこしやすい状態です。
肌のバリア機能が低下する原因は角質層にある天然保湿因子やセラミドが減少してしまったから。

その原因は生まれつきの体質の場合もありますが、加齢や乾燥による影響が大きいのです。
つまり乾燥肌が敏感肌の引き金になっているということですね。
こうした乾燥を引き起こすのが実は間違ったスキンケアにある場合があるんです。

敏感肌の人は洗顔方法に注意が必要です。
特にクレンジングや洗顔に時間をかけている人は肌に必要な皮脂やセラミドまで洗い流してしまっているようです。
肌は排泄機能があるので強くこすらなくても泡と馴染めば十分に汚れは落ちるんですよ。

そしてよく勘違いしているのは化粧水をたくさんつければ保湿が出来ていると思い込んでいる事ですね。
化粧水はほとんどが水でできていて、保湿成分は少量しか含まれていません。
しかも厚さ0.02ミリの角質層にたくさんつけても余分な分は入らないんです。

角質層の役割は外から肌の内部に水分が入らないようにするためのものでもあるので、化粧水のつけっぱなしはかえって肌の水分を蒸発させて乾燥に傾く結果になってしまいます。
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を高濃度で配合した美容液やクリームでのケアが大切なんですよ。

このサイトでは敏感肌の人のための化粧品を十種類以上比較しています。
自分に合った化粧品を選ぶ参考にしてみてくださいね。

額から鼻にかけてのTゾーンは脂が浮いてテカテカするのに頬からアゴにかけてのUゾーンは乾燥してすぐに突っ張る、と言う人は混合肌の人ですね。
日本人には多い肌質なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか?

でも混合肌の人はべたつきと乾燥、どちらに焦点を当ててスキンケアをしたらいいのかよくわからない、と思っている人も多いですよね。
自分の好みの使用感で漫然としたスキンケアを続けている人も多いのではないですか?

混合肌の人はやはりオイリーな部分と乾燥した部分をある程度分けて考えたケアをすることをおすすめします。
洗顔は良く泡立てた泡を転がすように優しく洗うことが基本ですが、気をつけるのは洗う順番です。

最初に洗う場所はTゾーンからです。
額や鼻に最初につけた泡で汚れや皮脂をゆるませている間に残りの部分は手短に洗います。
流すお湯はぬるま湯で丁寧にすすぎます。
熱いお湯は皮脂を取りすぎてしまうのでよくないのです。

大事なのは化粧水や美容液での保湿。
混合肌の人はオイリーな部分にあわせてさっぱりしたものを選ぶ傾向があるようですが、実は肌の内部の水分が足りないインナードライの人が多いのです。
ですからTゾーンもしっかり保湿をし、特にUゾーンには重ねづけするといいですね。

乳液やクリームは使わないという人もいますが、保湿した肌をキープするためには必ず必要なアイテムです。
乾燥が気になる部分にはしっかり馴染ませ、オイリーな部分は残った油分を軽く伸ばす程度でいいですので必ずつけましょう。

このサイトでは混合肌の人にむけた化粧品を十種類以上比較しています。
どうぞ参考にしてみてくださいね。

オイリー肌の人はすぐに顔がテカってしまう、化粧がくずれる、毛穴が汚れるなどの悩みを抱えていますよね。
ニキビができやすいこともあり、スキンケアに気を使っている人も多いでしょう。
でもそのスキンケア方法が間違っている人が結構多いって知っていますか?

肌は皮脂と汗などが混ざり合って乳化した皮脂膜という天然の保湿クリームで守られています。
普通肌の人はこの皮脂膜のバランスがよく、肌内部の潤いや外からの刺激を守ってくれているんです。

でもオイリー肌の人は皮脂の分泌が過剰になってしまっている状態ですね。
生活習慣などの要因で男性ホルモンの分泌が活発になってしまったり、脂質に偏った食生活だったりといったことは皮脂が過剰になる原因といえます。
オイリー肌の人はそういった習慣を改めつつスキンケアで改善していく対策が必要ですね。

オイリー肌の人の間違ったスキンケアとは、過剰に分泌した皮脂を取り除くケアに重点を置きすぎてしまうこと。
洗顔のしすぎは肌に刺激を与えるうえ、皮脂を取りすぎてしまうと肌が潤いをとりもどそうとして皮脂を余計に分泌してしまうんです。

すぐにべたつくからといって保湿をちゃんとしない人もいるようですが、皮脂の過剰分泌は肌の中の水分量が不足しているインナードライが原因になっている場合も多いんです。
ですから洗顔後は油分は少な目でも保湿力の高い化粧品できちんとケアすることが大切なんですよ。

特に目の周りや口の周りなど皮膚が薄く皮脂腺が少ない場所はきちんと保湿をしないといけないですよね。
このサイトではオイリー肌の人のための化粧品を十種類以上比較していますので、化粧品選びの参考にしてくださいね。